プラセンタの安全性・危険性について

安全性が高いと言われているプラセンタ。

でも、それだけでは納得できないという人も多いはず。

プラセンタを安心して使用できるように、プラセンタがどのようなものから摘出されているのか説明しましょう。

まず、現在美容で使用されているプラセンタの多くは、「豚の胎盤」から摘出されています。

多くの人が人間の胎盤から摘出されていると思っていたのではないでしょうか?

確かに、同じ人間から抽出したほうが安全性は高いです。

しかし、人間のプラセンタは医療の面でも必要とされているので、人間から抽出されたプラセンタは現在医療機関が確保して保管しているそうです。

従来は、牛の胎盤からプラセンタを摘出していたそうですが、狂牛病という牛の病気が流行したことで、豚から抽出するようになったそうです。

また、羊からもプラセンタを摘出しているという話も耳にしました。

動物から摘出されるものの他に、植物から抽出されているプラセンタもあります。

植物性のものには、動物性のような成長因子は含まれていないのですが、肌が必要とするアミノ酸ネラルが沢山含まれているそうです。

植物性プラセンタは大豆アセロラなどから抽出されます。

植物性のプラセンタによる肌の再生活化・若返りなどは期待できないそうですが、美白・美肌に関しては期待されているそうです。

気になる人は是非植物性のプラセンタもチェックしてみてください!